過払い金とは


かつて、消費者金融は、違法な高金利で貸し付けていました。合法な金利ならば本来借金を完済してるのにもかかわらず、そうとは知らずに消費者金融に渡していたお金が、いわゆる「過払い金」です。

以上のような過払い金の性質上、消費者金融との取引期間が長ければ長いほど発生している可能性が高く、またその金額も多額になります。
過払い金が発生していたか否かは、取引期間だけで決まるものではありませんが、5年間以上の長期間の取引期間があれば、過払い金が発生している可能性が高くなります。

また、過払い金は、完済後10年間は請求できますので、しばらく前に取引が終了した方でも、現在請求できます。

違法な高金利で貸し付けを受けていた方が完済していれば、必ず過払い金が存在していますので、当事務所においてご相談ください。


topへ