破産のデメリット


明らかに経済的に破綻しているのに「破産すると戸籍が汚れる」と言って、破産を拒む方がおられます。
しかし、破産すると戸籍に記載されるというのは、全く根拠のないデマです。

また、破産すると無一文になって路頭に迷うのではないか、と心配される方も多くいらっしゃいます。
これも、無用の心配です。破産を決断した後でも、これまでの生活レベルを落とさないで済む場合が大半です。むしろ、借金の返済が中断されたことにより、生活が楽になる方がほとんどです。

以上は、ほんの一例ですが、破産に対しては過剰な悪印象を持っている方が大勢いらっしゃいます。
破産すること自体は喜ばしいことではないですから、悪印象を持つこと自体は、止むを得ないことかもしれません。
また、破産すると、新たな借金はできなくなりますし、不動産など価値のある財産は失うことになるというデメリットがあることも確かです。
しかし、根拠のない、誤った知識に基づく悪印象を持たれている方も少なからずおられますし、実際に破産の相談をした後に、デメリットはそれだけ?と驚かれる方も多いです。

もっとも、破産のメリット、デメリットは人によって異なりますので、専門家に詳しい事情をお伝えいただいた上で債務整理の方針を判断いただくのが無難です。
借金がどうしても返せなくて困っている方は、一人で悩まずに、当事務所においてご相談ください。


topへ