法律相談予約のルート


弁護士にこれまで相談したことがない方など、どのやって弁護士に法律相談するのかわからない方もいると思います。
例えば、以下のようにして法律相談をするルートがあります。

①弁護士会の相談予約
弁護士会は、定期的に法律相談会を開いていますので、その予約をする方法です。
機械的に相談日を割り振られた弁護士が対応するもので、弁護士会が弁護士を紹介してくれるわけではありません。
相談料は無料になる場合も多いので、問い合わせてみるといいかと思います。民事法律扶助による無料法律相談も可能です。

②法テラスの相談予約
システムは、上記の弁護士会の相談とほぼ同じです。相談担当弁護士も、多くは上記弁護士会の法律相談と重なっています。
民事法律扶助による無料法律相談になりますが、①③でも(民事法律扶助の契約弁護士ならば)法律扶助による無料法律相談が可能ですし、特別に民事法律扶助が使える場所というわけではありません。
なぜか最近は弁護士会よりもこちらが盛況のようで、予約が入りにくくなっていると聞きます。

③直接法律事務所に相談予約をする
ホームページやタウンページなどの広告を利用するなどして、直接事務所に相談予約をする方法です。
最近では、一見さんお断りの法律事務所も少なくなっているようですし、上手くいけば、この方法が一番早く、確実に、弁護士にアクセスできます。
相談する弁護士を選べるのも、この方法だけです。

いずれの方法でも言えることですが、相談場所に弁護士が相談を待って常駐しているわけではありませんので、今から相談したいといって相談場所に行ったり電話したりしても、断られる場合が多いと思います。
余裕を持って、なるべく先の日に予約をいれるようにすれば、相談予約が入りやすくなります。


topへ